cidermitaina

フロントエンドエンジニアをやっています。
25歳です。頑張るから読んでほしい。

AWSでサーバー構築してみました。(つづき)

AWSでサーバー構築してみました。の続きの記事です。作業用ユーザーの追加と、Virtual Hostの設定、ベーシック認証について書いてます。


1. 作業用ユーザーを追加

新しいユーザー用にユーザーアカウントを作成します。

adduser コマンドを使用してユーザーアカウントを追加

[ec2-user ~]$ sudo adduser newuser

新しいアカウントに切り替えます。

ec2-userからnewuserに変わります。

[ec2-user ~]$ sudo su - newuser
[newuser ~]$



なんでユーザーを作るの?

デフォルトのユーザーアカウントを使用することは多くのアプリケーションで適切ですが、ユーザーアカウントを追加すると、個人が自分だけのファイルと作業場所を確保できます。新しいユーザー用にユーザーアカウントを作成することは、ec2-user アカウントへのアクセス権を複数のユーザーに (経験のないユーザーも含めて) 与えるよりも、はるかに安全です。これはアカウントが不適切に使用された場合、システムにさまざまな損害を与える可能性があるためです。



2.パーミッションの設定

newuserディレクトリのアクセス許可を 755(所有者のみ、書き込みが可能) に変更します。

chmod -R 755 /home/newuser

3 公開鍵の設置と設定

newuser ホームディレクトリに .ssh ディレクトリを作成し、そのファイルのアクセス許可を 700 (所有者のみ、読み取り、書き込み、削除が可能) に変更

[newuser ~]$ mkdir .ssh
[newuser ~]$ chmod 700 .ssh

authorized_keys という名前のファイルを .ssh ディレクトリに作成し、そのファイルのアクセス許可を 600 (所有者のみ、読み取りおよび書き込みが可能) に変更

[newuser ~]$ touch .ssh/authorized_keys
[newuser ~]$ chmod 600 .ssh/authorized_keys

viでauthorized_keys ファイルを開いて公開鍵を貼り付け。 変更を保存します。

[newuser ~]$ vi .ssh/authorized_keys

これで、authorized_keys ファイルに追加した公開鍵の対である秘密鍵を使用して、インスタンスの newuser アカウントにログインできます。

4. Virtual Hostの設定

Virtual Hostとは?

一台のサーバーで仮想的に複数のドメインを運用するサーバー技術の一種で、主にメールサーバーやWebサーバーなどで利用されています

httpd.confの設定

まず、VirtualHostを使う宣言をApacheの設定ファイルであるhttpd.confに記述します。

[newuser ~]$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

ServerName www.example.com:80
↓
ServerName パブリック IP

nameVirtualHost *:80 の記述をhttpd.confに追加。 (IncludeOptional conf.d/*.confの記述の上に書きました。)

virtual.confの設定

ファイルの名前はなんでもいいそうです。

IncludeOptional conf.d/*.confが書かれているのでApacheは起動時に/etc/httpd/conf.d/以下にある*.confファイルを全て読み込みます。

CentOSでは、httpd.confに全て記載していましたが、CentOS7からはメイン設定は、 「/etc/httpd/conf/httpd.conf」に記載され、その他の設定は「/etc/httpd/conf.d/」ディレクトリ内に分散設置しています。


conf.dに移動してvirtual.confファイルを作成します。

touch virtual.conf

virtual.confファイルを編集します。

vi virtual.conf

以下の記述を書いて保存します。

#newuser
<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot /home/newuser/***
    ServerName www.****.com
    ErrorLog /home/newuser/logs/newuser-error_log
    CustomLog /home/newuser/logs/newuser-access_log combined
    <Directory /home/newuser/***>
        AllowOverride All
        Require all granted
        Options All
    </Directory>
</VirtualHost>



5. apacheの再起動

virtual.confを変更後、設定を有効にするためにhttpdを再起動します。

sudo systemctl restart httpd

ウェブブラウザで、www.****.comを入力し、ページが表示されたら成功です。

6. ベーシック認証をつけてみる

.htaccessファイルを作ります。

/home/newuser/***以下に作成します。

touch .htaccess

vi .htaccess

以下の記述を書いて保存します。

AuthUserFile /home/newuser/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName StaffOnly
AuthType Basic
require valid-user



記述の解説

AuthUserfile /フルパス/.htpasswd

サーバーのルートディレクトリからの.htpasswdへのパスを指定

AuthGroupfile /dev/null

グループごとにアクセスを許可する、という指定。「/dev/null」とは、そのようなファイルは存在しないという意味でグループごとでのアクセス制限はしないという意味。

AuthName

ダイアログに表示される文章を指定。

AuthType Basic

AuthTypeを指定。「Basic(ベーシック認証)」と「Digest(ダイジェスト認証)」の2種類がある。

require valid-user

ユーザーが誰であろうと、入力したIDとパスワードが合っていればアクセスできるという意味。

.htpasswdファイルを作成します。

touch .htaccess

.htpasswdは、IDとパスワードを書きこむファイルです。

.htpasswdのファイルは、DocumentRootより上に設置します。

なので/home/newuser以下に作成します。

touch .htpasswd

パスワード暗号化ツールなどでパスワードを生成します。 http://www.luft.co.jp/cgi/htpasswd.php

できたパスワードを.htpasswdに記述します。

vi .htpasswd

500 Internal Server Error

.htaccess ファイルに文法誤りがあると、500 Internal Server Error となるので、再度確認します。







以上、はじめてのサーバー構築です...!

(これであってるのかな...)